目にいい食べ物として最も有名なのが、ブルーベリーですね。 ブルーベリーに含まれるポリフェノールの一種であるアントシアニンという成分は、目に必要な栄養素の一つです。 アントシアニンは、目の疲れを取り、網膜からの情報を伝える神経伝達物質の働きを助けると言われています。 ブルーベリーだけでなく、苺やラズベリーなどのベリー系にはアントシアニンが含まれていますし、実は赤ワインやブドウにも含まれているそうです。 それに、DHAも目にいいと言われていますよね。 DHAには視力向上の働きがあると言われており、青魚に多く含まれていますが、基本的に魚介類にはほとんど含まれている成分です。 また、β−カロチンも目にいいでしょう。 β−カロチンが含まれている食べ物ではニンジンが有名ですが、その他にも海藻類に多く含まれています。 目にいい食べ物、成分としてはこれらが代表的ですが、まずは、栄養バランスの良い食事を取るというのが大前提となります。 いくら目にいい食べ物でも、そればかりを食べたのでは効果が得られにくいものです。 栄養バランスの良い食事を取りつつ、ここに挙げた目にいい食べ物も積極的に食べるといいでしょう。